プロフィール

どうも〜かりあげ&かりこです。

今回は、『かりあげ、かりこってどんな人なの?』という声にお応えして、自己紹介をしたいなと思います。これまでの生い立ちやかりことの出会いなんかを皆さんにお話していきたいなと思います。

かりあげプロフィール

プロフィール

年齢:33歳
出身地:千葉県
身長:181センチ
体重:70キロ
血液型:B型
星座:水瓶座
好きな言葉:即行動

新卒1年目

大学卒業してからすぐに就職したのは、短期人材派遣の会社になります。リーマンショックがあったので超就職氷河期という時に就職活動をしました。今の超売り手市場とは真逆の状態での就活は結構メンタル削られていたのを覚えてます。

人材派遣の会社では営業職を担当し、月〜水は1日100件のテレアポで木〜金で訪問みたいなことを繰り返してました。幸いにして1年目にしてそこそこの成果をあげることが出来、表彰を受けました。とはいえ、これは完全にビギナーズラックでなにか戦略を立てて動いたわけではありません。笑

なぜ航空業界に?

1年目にそこそこの成果を出せたかりあげですが、1年でその会社は退職しました。なぜかというと、成果をだしたとしてもやりがいが皆無だった。これに尽きます。

人材派遣の営業はめちゃくちゃ辛いです!続けている同期のみんなを本当に尊敬します。だってお客さんからは〇〇さんの能力が〜とか△△さんが休んでるんだけど〜とか言われ土日も関係なくお叱りの電話、一方で登録スタッフからは派遣先の会社についての不平不満が。今考えるとストレスMAXでした。笑

そんな中、2012年にLCC3社が成田空港で新規就航するLCC元年だとかってニュースを見て、もともと旅行好きで良く空港を利用していたというのもあって転職をしました。

航空会社の面接

就職氷河期を経験した自分なら大丈夫だろうと結構簡単に考えてました。っていうかなにも準備もせずに望んでしまいました。今考えたら無謀でしたね。当然外資系などはグランドスタッフでも英語の質問などがあり、完全に大失敗でした。でもなぜか1社目で合格してしまいました。あとから聞いたら男性は受かりやすいからねーとのこと。涙

航空業界1年目がスタート

転職して率直に思ったことがこちら↓

良かったこと

・4勤2休の勤務体系って楽だと思う!平日どこも空いてるし!
・スタッフってこんな安く飛行機乗れるんだ!
・女性から頼られることが多くなる!
・担当した最初の飛行機が無事出発した時は感動!

良くないこと

・女性が多いがゆえの問題が多々起きる!!
・早番遅番と生活リズムが乱れやすい
・業界用語が覚えられる気がしない
・給与水準はやっぱり低い!!

こんな感じですが、やりがいはとても大きいなぁと思いました。自分でも驚きましたが、僕ってホスピタリティ精神があったんだって感じでした。ありきたりですが、お客様の喜ぶ顔や「ありがとう」って言葉が本当に嬉しい。

あとはチームで働くってことを直に感じられるのが良かったですね。いい結果も悪い結果もみんなで分かち合えるのは嬉しいですね。

開始2週間でスーパーバイザーに!

LCC(ローコストキャリア)が出来た年なので、先輩は誰もいませんでした。(もちろん上司はいましたが)同期も新卒が多かったというのもあり、就航開始から2週間でスーパーバイザーに昇格しました。今考えたらありえない話ですが。笑

ここで紛いなりにもスーパーバイザーとして経験できたのはとても良かったです。今では「役職が人を育てる」ってことを時で行ったのだと思ってます。そのおかげで経験値がめちゃくちゃ上がったと思います。例えて言えば、ロールプレイングゲームでLv1の主人公が棍棒ひとつで中ボス倒して一気にLv30になるみたいな。笑

二度目の転職

LCCでの仕事が3年経ち、先輩のいない会社だったので後輩がどんどん入社していったのである程度のポジションになりました。

しかし、ここでLCCしか知らないんだ俺!という思いに駆られるようになりました。そこで転職を決意しました。ただし、ここで航空会社を選ぶことはしませんでした。なぜならFSCでは自分が思うポジショニングができないだろうと思いました。日本でLCCの立ち上げから関わってきたという経験は大手航空会社ではなくハンドリング会社でこそ活きると思い、独立系のハンドリング会社に転職しました。

ハンドリング会社での仕事がスタート

こちらでは、まず自分の知らないことであるFSC(フルサービスキャリア)のグランドスタッフとしての仕事を経験しました。アライアンスやマイレージの箇所がLCCとは違い当初とまどいましたが、基礎は同じなのですぐに慣れました。

その後は、外資系のLCCのハンドリングを受託する際に以前の立ち上げ経験を活かすことが出来ました。これが僕の一番理想とするポジショニングが取れたと思いました。LCC元年から立ち上げに関わり、日本でのLCCというものを理解した上でFSCについても知る男。このときは結構珍しい存在だったと思います。今となってはゴマンといますが。笑

その後は、契約担当になりました。どんな事をしているかというと、外資系の航空会社が日本に乗り入れるときに日本側の空港での旅客業務をする会社を探します。そのときの契約や条件の交渉を担当するお仕事になります。結構日本と海外の契約に関する違いを身を持って理解しました。

この契約担当という仕事をしながら、新しくプロジェクトを任されました。

新プロジェクト始動

それが、ランプハンドリングの立ち上げでした!それも数社が集まって合弁会社を立ち上げるという構想で結構ハードなものでした。各社の思惑がそれぞれあることから話をまとめるのもとても大変でした。

どの会社が株式比率はなん%とか、資本金はいくらとか、役員の人数を各社から何人出すかとか。

とても大変でしたが、なんとかまとめることが出来ました。まぁこれに関しては自分の力というか上司の力がとても大きいのですが。笑

でもこの経験も自分の中では非常に大きかったと思ってます。

転職を2回してみて思うこと

僕はこの10年で2回も転職をしました。おそらくこれって少し前の日本だと、なんか知らないけど一つの会社で頑張らなければいけない風潮があって、転職繰り返す人は社会人として終わってると言われてたはずです。

でも、今は転職して本当に良かったと思ってます。

でも、その際に大事なのは自分のポジショニングだと思います。自分がそれまでに経験してきた事を活かせること。さらに、新たな環境でなにかを吸収できること。これが大事だと思います。

かりあげのプロフィールは以上にして、かりこにバトンタッチして終わりたいと思います。

ありがとうございました。

かりこのプロフィール

プロフィール

年齢:26歳
出身地:長野県
身長:160センチ
体重:ひみつ
血液型:O型
星座:てんびん座
好きな言葉:やらずにする後悔よりやってする後悔


なぜ航空業界に?

本当にありきたりになってしまいますが、単純に幼い頃から飛行機に乗る事が多く、物心ついた頃から自然と航空関係の職に就きたいなと思っていました。

第一志望は某航空会社の客室乗務員になりたかったのですが、そこは上手くいかず地上職勤務で採用されました。

形は違うが入りたかった航空会社でもあり、ちょこまか動き回る私の性格からしたら空港が最適かもとも思いました。

入社して1、2年は既卒でCAを目指そうともしました。今の職に就いてからは転職するならもうエアラインはいいかなと〜などと考えたこともありましたが、何だかんだ転職もせず今に至ります。やっぱりこの仕事が好きみたいです。笑

航空会社の面接

就活生の時は、航空業界にしか興味がなかったので航空会社の採用情報だけを常に確認していました。

今思うと非常に視野が狭かったです。笑

航空会社何社か採用試験を受けましたが、基本聞かれる質問は一緒でしたね。

志望動機と、自己紹介、CAの面接の際はなぜグランドスタッフではないのか、グランドスタッフの面接の際はその逆でしたね。

今の会社の面接も結構ボロボロで、本当にめちゃくちゃな答えしかしてなかったので当然ダメだと思いきや合格で驚きました。

新人時代

どこの業界でもですが初めは覚える事も多く、航空業界の知識なんて全くなかったので私は入社してから3レターの存在を知りました。笑

とりあえず、出来る事なんて限られますが、自分で出来る事を探して積極的にやるようにしてましたね。

航空業界は女性が多いので本当に、ザ・女の世界でしたね笑

お客様よりも先輩たちの顔色を伺いながら仕事してました。

支えになったのが同期ですね!一生大切にしたい同期ができました。

会社に入って一番良かったのが、ここですね!

仕事のやりがい

お客様からの「ありがとう」、これに尽きますね。

大変だったけど最終的にこの言葉で全て救われる気がします。

あとは、後輩の育成ですね!一生懸命教えた後輩が一人できちんとできるようになった姿を見るとやりがいを感じますね。笑

コントローラー業務も任されることに

入社から3年が経った頃、先輩から呼ばれ明日からコントローラーの訓練を始めるからと言われました。当時の私はこころの中で、「いや、絶対に私なんかにコントローラー業務なんて無理」って思ってました。

今まではお客様をミスなくチェックインすることだけを考えていましたが、でも訓練がスタートすると、コントローラーはそのフライトに関わる全てのことに目を傾けなければならないということを理解しました。

例えば、チェックインが滞っているスタッフがいればそのポジションのフォローをしなければいけませんし、他の部署との調整も行わなければなりません。

今までは遅れてくるお客様をなぜお断りしなければならないんだろう、と思う場面もありましたが、今では理解できます。

新入社員研修を行う立場に!

そんな私も入社してから数年が経ち、教わる側から教える側になり、ついに新入社員教育を任されることに!今までOJTで新人に付くことはあっても、座学から教える立場となりました。

間違えた事や、不確実な事を伝えてはいけない不安から最初はうまくできるのかなという不安がたくさんありましたが、指導を続けているうちに、後輩達から『先輩から教わったのちゃんと出来ました』と言われるととても嬉しく、今までとは違うやりがいを感じて仕事をしているなと感じます。

出会い

2016年の忘年会シーズンの時に同期と忘年会を開いていたら、隣のテーブルにかりあげ君も会社の同僚の方と飲んでいて、会話の流れから同じ業界だと知ったとのことで話かけられたのが出会いでした!

かりこ
その後、私と、同期の子と3人で2軒目も行ったんだよね!かりあげクンはめちゃくちゃ酔っ払ってて軽く飲んでそのままサヨウナラしちゃって。笑
かりあげ
そうそう、その後タクシーに乗って帰るんだけど、すぐに止めてもらってオロロしてしまったんだよね。

その後は連絡取ることもなく、翌年の夏前にいきなり連絡がきて、飲みに行くことになり初めてちゃんとお話してかりあげクンの事を知ることが出来ました。

かりあげ
勇気出して誘ったのに、最初はあんまり乗り気じゃなかったよね?結構強引に誘ったのを覚えてるわ。
かりこ
めちゃくちゃ警戒してたよ、実際。第一印象は酔っ払いですからね。笑

でも、初めてあったときよりいい人だと思ったんだよね。

それから連絡を取り合うようにもなり、ご飯や映画を一緒に行ったりして自然と付き合うようになりました。

2019年7月で付き合ってから2年が経過しました!

2人で色々なことに挑戦していきたいということで、このかりあげブログを始めました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かりあげとかりこの就職〜現在までの人生を晒してみました。笑

こんな経験をしてきたかりあげブログを是非楽しんで頂ければと思います。