【FLEXISPOT E7 レビュー】簡単DIYで手に入れた最高の電動昇降式PCデスク




最近、デスク環境を整えることが趣味となりつつあるかりあげ(@trippergram)です。

以前もデスク環境をご紹介してきましたが、今回はアップデートした【デスク環境2.0】ということでFlexispot E7を購入したので、良い点や悪い点をお伝えしていきたいと思います。

デスク環境を考えている方の参考になれば幸いです!

FLEXISPOTを使用したメリット・良いところ

スタンディングデスクによって肩こり・腰痛がなくなった

以前の座りっぱなしのデスクワークでは、肩こりや腰痛の原因となることも多かったです。

スタンディングデスクにして決まったタイミングで立つように心がけてみると肩こり・腰痛からは開放されました。高さを調整することができるため「背筋を伸ばした状態」「モニターと目線の位置を水平にする」ことが可能になり、結果として座っているときに比べ身体に負担がかかりにくいみたいです。

FLEXISPOTはデスクの高さを最高で120センチ程度まで設定することができるので、180センチある私の身長でも問題なく快適な高さに設定することが可能です。

集中力の維持

スタンディングデスクにして良かった点は、集中力の維持とスイッチの切替ができることです!ずっと同じ姿勢で座っているとどうしても集中力が切れてしまいますが、定期的に立つ事によって区切りができて集中を維持していられます。また、昼食後の眠気を覚ましたりするのにも有効です。

私の場合、朝の一時間と昼食後の一時間、あとは社内MTGの時間は立つようにしています。

みんなの意見(ポジティブ)

FLEXISPOTを使用したデメリット・悪いところ

かなり重いので動かすのに一苦労

脚の重量だけでも20KG〜36KG程度あります。更に天板を載せるとデスクだけで40〜50KG近くになるため動かそうと思うとかなり大変です。配置換えを頻繁に行う方であれば注意が必要かと思います。(私の場合、動かすことがほぼ無いためあまり関係ありませんでしたが、、、)

配線関係をまとめないと見た目が、、、

スタンディングデスクで配線をそのままにすると、かなり不格好になります。通常のデスクであれば足元の配線はそこまで気にならないかもしれませんが、スタンディングデスクの場合は位置を高くするととても目立ってしまいます。さらに、高さを調整するために少し余裕を持って配線を確保しておくため、余計に目立ちます。

配線整理をするためにケーブルトレーやクリップを購入しなければいけないのでお金と少しの労力が必要になります。見た目を全く気にしない人であればいいですが、ちょっとでも気になる人は配線整理を覚悟しましょう!

完成したデスクと必要なもの

完成したデスクがこちらになります。

我ながら良い出来ではないかと思います。

こちらのデスクを作るために揃えたものは下記の材料になります。多くがネットで購入したものになりますので、参考にしてみてください!

  • FLEXISPOT E7
  • パイン集成材
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「DIY」「パイン集成材」2000mm×600mm×30mm
価格:9900円(税込、送料無料) (2021/7/5時点)


  • ワトコオイル200MLW-13 ダークウォルナット
  • やすり(#230,#320,#400) ※ホームセンターで購入
  • ローラー ※100均で購入
  • ウエス(布)※ホームセンターで購入

昇降式デスク「Flexispot E7」天板

天板については色々な方のブログの情報からホームセンターに安価な木材があるということで、家の近くのホームセンターを4箇所まわりました。しかし、自分が求めているサイズがなかったので仕方なくネットで注文するしかありませんでした。

ネットで購入するなら「かなでもの」さんか「マルトク」さんが有名で種類豊富でしたが、私はなるべく費用を抑えたいと思い、楽天で見つけた「サイプレス コヤマ」さんで購入しました。

実際に購入した製品がこちらになります。

近くのホームセンターで購入が一番安く購入できると思いますが、自宅までの輸送や搬入を考えるとネットでの購入も悪くはない選択肢かなと思います。

昇降式デスクをDIYした理由

市販のデスクが溢れているにもかかわらず昇降式デスクをDIYするに至った理由は3つあります。

もし皆さんも以下の悩みがある場合は昇降式デスクのDIYを検討してみても良いかもしれません!

座っている時間が長すぎた

リモートワークが定着してほぼ家から出ることがなくなりました。朝から晩まで座りっぱなしなんてこともあります。

以前ゲーミングチェアを購入して肩こりはかなり改善されましたが、それでも8時間座りっぱなしで数ヶ月も経つと肩や腰に負担がかかってしまいます。

とあるオーストラリアの研究では、「1日に11時間以上座っている人は、4時間未満しか座らない人に比べて死亡リスクが40%高くなる」といった研究結果もあるそうです。理由の一つとして、長時間同じ姿勢でいることで血流が滞り、筋肉を動かさないことで血中の糖を筋肉に取り込む働きが鈍くなるそうです。

広い作業スペースがほしかった

仕事の効率を上げるためにデュアルディスプレイを取り入れたいと思うようになりました。しかし、以前のデスクでは横幅が120センチと比較的小さなデスクを利用していたので、ディスプレイを2つ並べて置くのは無理がありました。

また、物も増えていき机の上がどうしても雑多となってしまうので見た目的にもあまりよろしくありませんでした。

安く自分に合ったデスクを手に入れるため

デスク環境を一新しようと考えてから実行するまで色々な方のブログやYouTubeを参考にしました。そうすると、やりたいことがドンドン湧いてきて沼にハマってしまいます。

当然お金がかかりますし、デスク自体にも色々な仕掛けを施しますので高価なデスクだとちょっと気が引けてしまいます。少しでも安く手に入れるために自分で作ろうと決意しました。

昇降式デスク 「FLEXISPOT E7」のスペック・特徴

型番H1H2EG1EF1
画像
モーター無し無しシングルモーターシングルモーター
耐荷重70kg80kg70kg70kg
脚重量30kg30kg21.1kg22.1kg
対応天板幅:100~160cm
奥行:50~80cm
厚み:2cm以上
幅:120~200cm
奥行:70~80cm
厚み:2cm以上
幅:100~160cm
奥行:50~80cm
厚み:2cm以上
幅:100~160cm
奥行:50~80cm
厚み:2cm以上
昇降範囲71~121cm72~123cm71~121cm71~121cm
昇降スピード25mm/s25mm/s
パネル手回し手回し押しボタン押しボタン
機能メモリ
障害物検知
脚段階2段階2段階2段階2段階
価格(参考)amazon:19,800円公式:23,100円amazon:25,300円amazon:28,600円
型番EB2EJ2E7E7 Pro
画像
モーターデュアルモニターデュアルモニターデュアルモニターデュアルモニター
耐荷重100kg100kg125kg100kg
脚重量25.3kg29.5kg35.6kg36.8kg
対応天板幅:100~180cm
奥行:60~80cm
厚み:2cm以上
幅:120~210cm
奥行:60~80cm
厚み:2cm以上
幅:120~210cm
奥行:60~80cm
厚み:2cm以上
幅:120~200cm
奥行:60~80cm
厚み:2cm以上
昇降範囲71~120cm69~118cm58~123cm60~125cm
昇降スピード38mm/s38mm/s38mm/s38mm/s
パネル押しボタンタッチボタンタッチボタンタッチボタン
機能メモリ・アラームメモリ・ロックメモリ・ロックUSB・メモリ
ロック
障害物検知
脚段階2段階2段階3段階3段階
価格(参考)amazon:29,700円amazon:38,500円amazon:51,700円amazon:55,000円

たくさん種類があるので、自分の使い方に合った商品を選ぶのが良いかと思います。

型番が多すぎてどれを選べばいいかわからないという方は、下記を参考にしてみてください。

私が思う選ぶポイントです。

見るべきポイント

・対応天板のサイズ
・耐荷重
・メモリ機能
・価格

  • 天板サイズ

対応天板のサイズは型番を決める上で大事な要素だと思います。自分の部屋に合ったサイズの天板を決めてからそれに合った型番を選ぶ必要があります。

  • 耐荷重

デスクの上に置くものと、天板自体のサイズによって決まってくるかと思います。天板は厚みによっても重さが変わります。PCやモニターなどと合わせて天板の重さも考慮して対応の型番を選びましょう

  • メモリ機能

メモリ機能とても良く使います!購入前は昇降ボタンがあればメモリ機能はあまり重要ではないのではないかと思っていました。ただ、実際に利用すると今では無いと不便です。自分に合ったポジションがあるので毎回調整するのは手間で、今ではほとんど昇降ボタンは使用せずメモリ機能で動かしてます。

  • 価格

予算と相談の上で決めましょう!下位クラスと上位クラスでは3万以上も差があります。オススメはAmazonのセールです。30%オフで購入できたりします。

ちなみに私は、対応天板のサイズと耐荷重からE7を購入しました!

逆に気にする必要性があまり高くないものは下記のポイントだと思います。

気にしなくていいポイント

・パネル 
・モーター(昇降速度)
・USBや

  • パネルの違い

見た目は少し変わりますが、そこまで大きな違いではない気がします。

  • モーター(昇降速度)

実際に使用する場合、メモリ機能を使ってポジションを設定するので昇降速度はそこまで気にする必要はなさそうです。

  • USB

パネルについていれば便利ではありますが、DIYでデスク裏に設置するかPCから給電すれば良さそうなのでこちらもあまり重要ではない気がします。

配線整理におすすめの商品

昇降式デスクをDIYするのであれば、配線整理は必須かと思います。

デスクがスタンディング位置になると、どうしても足元に垂れ下がっている配線が汚いと格好が悪いです。

  • ケーブルトレー
  • スパイラルチューブ
  • MAVEEK(マビーカ)4段階調節ケーブルクリップ
  • ミニクランプ

デスク周りのその他オススメ商品

これはFLEXISPOTとは関係ありませんが、デスクをおしゃれに飾りたいという方は間接照明を取り入れても良いかと思います。私もデスクの背面にLEDテープライトを設置していますが、PCの後ろを照らすことで一気に雰囲気が変わります。導入前はゲーミング感が強くなりすぎるかと心配でしたが、そんな事はありませんでした。

FLEXISPOTを購入するならAmazonのセール狙い一択

FLEXISPOTの購入を検討されている方は、Amazonのセールを狙って購入するのが良いかと思います。

私自身もプライムデーで購入したので、約30%OFFで購入できました。

時間に余裕がある方はセールを待ってAmazonで購入しましょう!

すぐにでも欲しい方は、公式サイトをチェックしましょう!!

まとめ

FLEXISPOTの電動昇降式デスクをご紹介してまいりましたが、自由に高さを調節できて「座りっぱなし」の時間を減らしてくれるため、健康効果への期待が大きい商品かと思います。

金額も既製品の電動昇降式デスクを購入するよりは比較的安価で揃えることができるため、とてもオススメです。リモートワークが続き自宅での作業環境を整えたい人や、デスクワークで肩こりや腰痛に悩みを持っている方には特にオススメです。

正直な話、ここまで環境整備をしてしまったので、コロナが落ち着いても出社したくない気持ちです(笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です