航空業界の業界用語ってなに?




かりあげが航空業界に入って最初に苦労したことは業界用語の難しさ!!

業界用語といっても基本英語の略語になります。航空業界では長い英単語をアルファベット3文字に略すのが常!英単語の頭文字を3つとり略語とするのですが、その略語から英単語を想像するのは最初の頃は到底無理でした。

例えば皆さん以下の文章はどんな会話をしているかわかりますか???

先輩
ULNからのMO123がDLYのため、MCTが切れるPAXがいるので対応お願いします。シートは7のチャーリーのお客様です。
当時のかりあげ
………..???えーっと(汗)(何言ってるんだろう)

どうです?めちゃくちゃ難しくないですか?

当時の僕は航空業界についての知識がなかったので、何を言っているのかさっぱりでした(笑)

ちなみに、この会話の意味は「ウランバートルからのMO123便が到着遅延するため、次の乗り継ぎフライトに間に合わないお客様がいるので対応をお願いします。座席番号は7Cになります」となります。

おそらくどんな業界でもこういった業界用語はあるかと思いますが、日常でこんなにも業界用語が飛び交っているのは航空業界だけだと思います。

なぜ業界用語が使われるか?

世界共通の業界用語が使われています。そんなこと言われなくてもわかるかと思いますが、航空会社は世界中にあり、違う国の人達が交わってお仕事をしているからです。

実際にどんなものがあるか

  • ATD・・・Actual Time of Departure
  • ETD・・・Estimate Time of Departure
  • STD・・・Schedule Time of Departure
  • ATA・・・Actual Time of Arrival
  • ETA・・・Estimate Time of Arrival
  • STA・・・Schedule Time of Arrival
  • ATC・・・Air Trafic Control
  • GTB・・・Ground Turn Back
  • MCT・・・Minimum Connection Time
  • CAB・・・Civil Aviation Bureau
  • GSE・・・Ground Support Equipment
  • GPU・・・Ground Power Unit
  • IFE・・・In Flight Entertainment  等

アルファベットは普通には読まない

新人が一番最初に覚えろと言われることがアルファベットの読み方です。

読み方と言ってもAを「エー」、Bを「ビー」と読むのではなく、Aを「エイブル」、Bを「ベーカー」のように全てのアルファベットに対して読み方が決まっています。

なぜこんな読み方をするのか?

例えば、「エム」と「エヌ」ように聞き間違いを防ぐために使われます。航空券には予約番号やシート番号によくアルファベットが使われています。アルファベット一文字違うだけで別のお客様の予約になってしまうなど、重大なミスに繋がりかねないからです。

アルファベット読み方一覧

  • A エイブル(Able) / アルファ(Alpha)
  • B ベーカー(Baker) / ブラボー(Bravo)
  • C チャーリー(Charlie) / チャーリー(Charlie)
  • D ドッグ(Dog) / デルタ(Delta)
  • E イージー(Easy) / エコー(Echo)
  • F フォックス(Fox) / フォックストロット(Foxtrot)
  • G ジョージ(George) / ゴルフ(Golf)
  • H ハウ(How) / ホテル(Hotel)
  • I アイテム(Item) / インディア(India)
  • J ジャック(Jack) / ジュリエット(Juliet)
  • K キング(King) / キロ(Kilo)
  • L ラブ(Love) / リマ(Lima)
  • M マイク(Mike) / マイク(Mike)
  • N ナンシー(Nancy) / ノベンバー(Novembe)
  • O オーバー(Over) / オスカー(Oscar)
  • P ピーター(Peter) / パパ(Papa)
  • Q クイーン(Queen) / ケベック(Quebec)
  • R ロジャー(Roger) / ロミオ(Romeo)
  • S シュガー(Sugar) / シエラ(Sierra)
  • T タイガー(Tiger) / タンゴ(Tango)
  • U アンクル(Uncle) / ユニフォーム(Uniform)
  • V ビクトリー(Victory) / ヴィクター(Victor)
  • W ウイスキー(Whiskey) / ウイスキー(Whiskey)
  • X エックスレイ(X-ray) / エックスレイ(X-ray)
  • Y ヨーク(York) / ヤンキー(Yankee)
  • Z ゼブラ(Zebra) / ズール(Zulu)
かりあげ
なんで同じアルファベットで2種類の読み方があるんですか〜??
先輩
かりあげは何も知らないんだなー!左がIATAで右がICAOの読み方だよ!

まとめ

かりあげ
では、僕がどうやってこれらの業界用語を覚えたというと、、、、慣れ(笑)

ぶっちゃけどの業界もそうだと思いますが、実業務をしている間に覚えます。

なのでこれから航空業界に就職を希望している方は不安に思わないでくださいね。

業界用語PART2もありますので気になる方はこちらもどうぞ!

航空業界の業界用語PART 2(日常編)

2020年1月14日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です